:::

文化Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送文化の台湾

文化の台湾

歴史、文化の視点から、台湾をご紹介しております

What’s On

04 December, 2015
文化の台湾(2015/12/4)行政院「原住民族言語発展法」の草案を承認

現在中華民国政府は、16の原住民族を正式に認めていますが、なんとこの16の民族の言語のうち、大部分が消滅の危機に瀕しているといいます。これは原住民族、特に若い世代の人たちの大部分が、日常生活で標準中国語か台湾語を使っており、原住民族の言語を使う人が減っているからなんです。

...more
27 November, 2015
文化の台湾(2015/11/27)野球人気を牽引する台湾の主砲、林智勝選手
近年、過去最高の野球ブームとなっている台湾では、今年も野球が大いに盛り上がりました。今年は多くの選手が活躍しましたが、台湾野球界で最も華々しい活躍をし、注目を集めたといえるのが、台湾プロ野球、ラミゴモンキーズの右投げ右打ちの長距離打者、林智勝・内野手です。     林選手は1982年、台湾南東部の台東県生まれ、台湾の原住民族、アミ族の出身です。林智勝選手は今シーズン、台湾プロ野球で打率380、31ホームラン、124打点、30盗塁をマーク。いずれも2位で、タイトルこそはならなかったものの今年で26年目を迎える台湾プロ野球で、史上初めて同一シーズンで3割・30本・30盗塁を同時に記録する「トリプルスリー」を達成、シーズンMVPも獲得しました。   林選手はさらに、中信兄弟の間で行われた台湾王者決定戦、台湾シリーズでも7試合で28打数14安打、11打点、ホームラン2本をマーク。MVPを獲得しました。シーズン、シリーズのMVPダブル受賞は台湾プロ野球史上2人めとなる快挙でした。     林選手はプレミア12でもナショナルチームの主砲としてチームを牽引、予選ラウンド5試合で、打率348、ホームラン4本、6打点と打ちまくり、大会のホームラン王を獲得、特に熱戦となったキューバ戦における決勝3ランホームランや、プエルトリコ戦の先制ホームランはさすが千両役者という活躍でした。台湾プロ野球のトップクラスの打者は、国際大会でも大活躍できるということを証明したのです。     今週の文化の台湾では、林智勝選手の今年の活躍ぶり、林選手の半生についてご紹介したいと思います。...more
20 November, 2015
文化の台湾(2015/11/20)止むに止まれぬ事情で中退も台湾大学「傑出校友」受賞した作家・鍾肇政さん

11月15日、台北市にある、台湾における最難関大学、国立台湾大学で創立87周年の記念式典が行われました。そして、この記念式典で、名誉校友にあたる「傑出校友」の表彰が行われました。

...more
13 November, 2015
文化の台湾(2015/11/13)王貞治氏「台湾棒球名人堂(野球殿堂)」受賞スピーチ

主に台湾のアマチュア野球を統括する中華民国野球協会及び日本の自動車メーカーマツダの台湾子会社「台湾マツダ」は先日、全日本野球協会(BFJ)との協力のもと、台湾の高校生と日本の高校生の野球による交流計画を発表しました。

...more
06 November, 2015
文化の台湾(2015/11/6)韓国でデビュー、台南出身の16歳・周子瑜

10月末、台湾生まれの一人の少女が厳しいレッスンの末、韓国の9人組ガールズグループ、「TWICE(トゥワイス)」の一員としてデビューし、今、台湾で話題になっています。

...more
1 ... 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
上一頁下一頁

関連のメッセージ