:::

台湾Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ミュージアム台湾(台湾博物館)

ミュージアム台湾(台湾博物館)

前半は「台湾通信」と題して、その週の最新の政治や社会の動きをまとめてお伝えしています。

後半は台湾に関する様々な分野の話題を録音やインタビューを交えてお伝えしています。ただし、毎月第二日曜日は「玉山クイズ」です。台湾に関するクイズを一問出題してリスナーの皆さんにお答えいただく番組です。正解者の中から抽選で20名を選んで台湾ならではのプレゼントをお送りいたします。

What’s On

25 September, 2016
ミュージアム台湾(2016/09/25)江宏傑・福原愛結婚報告記者会見など

前半:台湾通信(台風14号の被害で果物が高騰、来台中国大陸の観光客が激減など、時の話題をご紹介しています。) 後半:江宏傑さんと福原愛さんの台湾における結婚報告記者会見 ...more

04 September, 2016
ミュージアム台湾後半(2016/09/04)眼医者で農家でミュージシャン!黎旭瀛さんの多彩な人生!

本日のゲスト、黎旭瀛さんは、神戸生まれの華僑。19歳からは台湾に住んでいます。本来は眼医者さんでしたが、わけあって、日本で提唱された「自然農法」を台湾で実践するうちに、自分の農園「幸福農荘」を持つまでに至りました。現在は、農家と眼医者、二足のわらじ生活を送る傍ら、ジャズバンドのメンバーとして、コンサートもこなします。黎 ...more

26 June, 2016
ミュージアム台湾後半(2016/06/26)堪能な日本語で川柳を楽しむ!劉添根さん

台湾には、日本語を流暢に話すご高齢者がたくさんいらっしゃいます。この方たちは、幼少のころ、日本語で教育を受けた世代の方がほとんどですが、実は、そうではない、ちょっと異色な経歴を持つ方もおいでになります。第二次世界大戦開戦の年に中国大陸広東省から台湾に移住したという劉添根さんもその1人です。日本語教育を僅か2年しか受けて ...more

24 April, 2016
ミュージアム台湾後半(20160424)日本で終戦を迎えた「昭和一桁」世代、陳清文さん

50年に及ぶ日本占領時代を経験した台湾には、日本語教育を受けた世代の方が多くいらっしゃいます。スタジオにお越しいただいた陳清文さん(86)も、そのような「昭和一桁」世代。陳さんは、戦時中には、高田政義という日本名で少年工として日本に渡り、日本で終戦を迎えました。終戦後は台湾で、台湾初めてのテレビ局、「臺灣電視公司(台湾 ...more

03 April, 2016
ミュージアム台湾後半(2016/04/03)有名企業家・唐松章博士が語る人生とライフワーク

唐松章博士は、日本・東芝エレベーターの台湾パートナーで、101階建ての超高層ビル・台北101の世界最高速クラスエレベーター設置にも参与している台湾GFC社を一代で築き上げた企業家です。現在は第一線から退かれていますが、台湾盛和塾の塾長として、稲盛和夫氏の精神を伝えるなど、精神面の向上を目指す各種の活動に積極的に取り組ま ...more

1 ... 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66
上一頁下一頁

関連のメッセージ