:::

台湾Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ミュージアム台湾(台湾博物館)

ミュージアム台湾(台湾博物館)

前半は「台湾通信」と題して、その週の最新の政治や社会の動きをまとめてお伝えしています。

後半は台湾に関する様々な分野の話題を録音やインタビューを交えてお伝えしています。ただし、毎月第二日曜日は「玉山クイズ」です。台湾に関するクイズを一問出題してリスナーの皆さんにお答えいただく番組です。正解者の中から抽選で20名を選んで台湾ならではのプレゼントをお送りいたします。

What’s On

25 August, 2015
ミュージアム台湾(2015/08/23)客家女性オススメの客家語歌曲を鑑賞♪♪

台湾には、中国大陸から移民してきた漢民族と、ずっと昔から台湾に住んでいた原住民族が暮らしていて、そのうち、漢民族が占める割合は、およそ98パーセント弱。その漢民族も、出身地によって、それぞれ異なる文化や言葉を持っています。台湾で一番人口が多いのは、中国大陸福建省一帯から台湾に移民してきた人たちで、漢民族のおよそ7割を占めています。一方、客家は、二番目に多いといっても2割に満たない少数派で、広東省一帯がルーツです。客家の人たちが使うのは、客家語と呼ばれる方言です。少数派とはいっても、立派な台湾文化の一環である客家文化を守ろうと、政府は、客家委員会(日本の省や庁にあたる政府機関)を設け、客家語や客家文化の保存、伝承に力を入れています。こんなことから、近年では、客家の人たち自身の意識もかなり高まり、自分たちの言葉や文化を見直して、次世代に伝えていこうという活動が盛んになりました。今日は、客家が多く住む台湾西北部、桃園市で、地元のコミュニティーラジオのパーソナリティとして客家音楽を紹介している生粋の客家人の女性、鐘松燕さんをゲストに迎え、オススメの客家語アルバムを紹介してもらいます。

...more
28 June, 2015
ミュージアム台湾 後半(2015/06/28)台湾歌謡と昭和ポップスの蜜月時代

2011年、東日本大震災が発生したとき、台湾の人たちが巨額な義援金を提供したことをご存知でしょうか。当時、世界じゅうから暖かい手が差し伸べられましたが、台湾からの義援金が一番多かったとされています。日本からは感謝の声が続々と寄せられ、今では、お互いの交流もより活発になりました。さて、ここで質問です。台湾の人たちは、どうして、これほど日本に関心を寄せ、やさしくしてくれたのでしょうか。なんと、答えのヒントは歌にある、とおっしゃる方がいらっしゃいます。社会学の角度から台湾と日本の関わりを研究されている、私立東呉大学社会学科の石計生・教授です。今日は、教授のとても興味深い視点から、台湾と日本のつながりをあらためて見直してみたいと思います。

...more
24 May, 2015
台湾博物館(2015/05/22&23)全国大学日本語アフレコ大会

台湾博物館(2015/05/22&23)全国大学日本語アフレコ大会

...more
12 April, 2015
台湾通信(2015/04/12)
早田 健文(はやた たけふみ) 1958年福岡県生まれ。1981年広島大学総合科学部地域研究コース卒業、1983年同大学大学院地域研究研究科アジア研究専攻終了(国際学修士)、1984年台湾大学歴史研究所博士課程に留学、1985~1993年台湾最大の民間放送局・中国広播公司(BCCラジオ)海外部で「自由中国の声」日本語番組記者兼アナウンサー、1991年から現在に至るまで台湾の政治・経済情報誌『台湾通信』(日本語)の発行人、2004年2月から台湾国際放送日本語番組で『台湾通信』を担当。...more
1 ... 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61
上一頁下一頁

関連のメッセージ