台湾経済最前線(2020-11-19)台湾の経済成長率が上昇、第3四半期は3.33%

  • 19 November, 2020
  • 早田 健文
台中市の逢甲夜市。コロナの影響はほとんど感じられない盛況。観光客相手ではなかったことが幸いした。(写真:CNA)

台中市の逢甲夜市がコロナの影響なし、地元密着型で人出が衰えず

 

台湾の経済成長率(GDP)が上昇、第3四半期(7~9月)は3.33%

2018年第3四半期以来の最高

通年では1.9%の予測

投資の実質成長率は2.04%で予測を下回る

 

台湾の電子部品、中国大陸の輸入市場で3割占める

韓国を10ポイント上回る

1~9月の輸出、39.2%が電子部品

電子部品輸出の9割が半導体

 

中華航空(チャイナエア)と長栄航空(エバー航空)、台湾―中国大陸の貨物で黒字

世界の主要航空会社30社のうち黒字は4社、その2社が台湾

半導体などの電子部品の輸送が活況

 

使用曲 家家(JiaJia)「小星星(Little Stars)」

関連のメッセージ