:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送宝島再発見 - 2021-07-10_グアム島へのワクチン接種の旅、7/6第一陣出発

  • 10 July, 2021
宝島再発見
グアム島へのワクチン接種の旅、第一陣が7月6日に出発した。これはグアムでワクチン接種が受けられる「Air V&V(Air Visit and Vacation)」に参加するためのツアー。49歳以下の旅客は、旅客全体の73%を占めている。これらの旅客のうち、38%はモデルナ製ワクチンを、34%はファイザーワクチンを選んだ。(写真:CNA)

日本静岡県熱海市で土砂災害が発生しいてから一週間経ちました。台湾のメディアの報道によりますと、10日時点では、9人が亡くなり、20人が行方不明になり、130棟の建物が損害を受けました。警察と消防は10日までに約1700人を動員して捜索救助活動を続けています。

被災された方にお見舞い申し上げます。亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

一方、九州の鹿児島県、宮崎県、熊本県では大雨特別警報、または大雨警報が発令されており、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が呼びかけられています。

この地域にお住いの方々、是非お気をつけください。

●オードリー・タン政務委員、7/23のオリンピック開会式に参加

●日本がワクチン113回分追加提供、台北101が点灯で感謝

●日本がワクチン追加供与、圓山大飯店が「アリガト」で感謝

●7/12以降コロナ規制一部緩和、レストランの店内飲食も

●武陵農場・福寿山農場、夏休みと休日の予約でいっぱい

●グアム島へのワクチン接種の旅、7/6第一陣出発

台湾における新型コロナの感染状況の沈静化により、国内旅行だけではなく、海外旅行も徐々に再開されている模様です。6日、台湾の大手航空会社、長栄航空(エバー航空)は、台湾から153人の乗客を乗せてグアム島に向かいました。

これはグアムでワクチン接種が受けられる「Air V&V(Air Visit and Vacation)」に参加するためのツアーです。「エア・ビジット・エンド・バケーション」は、グアムでの休暇中にCOVID-19​ワクチンの接種を希望する旅行者のためのオールインワンパッケージです。

このプログラムに参加するため、7月と8月は、台湾から2000人ぐらいの旅客がグアム島に向かう予定です。

6日に出発した第一陣は、20歳から29歳の20代と40歳から49歳までの40代が最も多く、それぞれ21.1%を占めています。49歳以下の旅客は、旅客全体の73%を占めています。この年齢層の旅客は、まだ台湾でワクチンの接種を受けられず、コロナへの感染を心配していることから、海外へ行ってワクチンを接種することにしたと考えられています。

これらの旅客のうち、38%はモデルナ製ワクチンを、34%はファイザーワクチンを、23%はジョンソン・エンド・ジョンソンワクチンを選びました。しかし、3%の旅客はワクチンの接種を受けないことを選びました。

 

Program Host

関連のメッセージ