対外関係(2021-04-21)台湾とパラオで「トラベルバブル」開始、第一陣は100人の定員満杯

  • 21 April, 2021
対外関係
対外貿易発展協会(TAITRA)の黄志芳・董事長の立ち合いで、タピオカミルクティー「日出茶太Chatime」と、パラオ大統領の家族企業Surangel & Sonsが、パラオでの代理権契約に調印。(写真:対外貿易発展協会)

台湾とパラオで「トラベルバブル」開始、ツアー第一陣は100人の定員満杯

企業の招待が大部分、自費での参加は20人のみ

 

感染防止のため検査厳しく、出発までに手続き6時間

旅行客100人とパラオ大統領訪問団23人、全員コロナ検査陰性

 

ツアー第二陣以降は販売不調、高価格や防疫の煩雑さを敬遠

担当の中華航空(チャイナエア)が航空料金を引き下げ

台湾・パラオの「トラベルバブル」いつまで、交通部長「市場の需要による」

 

台湾訪問のウィップス・パラオ大統領、新光医院でガン検診を受ける

鴻海精密(HONHAI)創始者の郭台銘氏、パラオ大統領に台湾果物をごちそう

パラオ大統領の家族、タピオカミルクティー「日出茶太Chatime」のパラオ代理権獲得

パラオ大統領、永安漁業試験場を訪問

パラオ大統領、クルーザー生産の屏東罡旻企業を訪問

 

パラオ大統領、中国大陸を批判

パラオ大統領にアメリカのパラオ駐在大使が同行、中国大陸が反対

 

Program Host

関連のメッセージ