:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送対外関係(2020-12-30)福島第一原発事故をめぐる日本からの食品輸入規制、解禁問題が論議に

  • 30 December, 2020
対外関係
原発事故をめぐる日本からの食品輸入規制、解禁問題が論議されている中で、王美花・経済部長と顧立雄・国家安全会議秘書長の夫婦が、日本台湾交流協会の代表公邸を訪れて会食していたことが、二人が乗った車の交通事故で明るみに出た。二人は、「日本からの食品輸入規制解禁については話していない」と繰り返している。(写真:台北市警察局士林分局/CNA)

福島第一原発事故をめぐる日本からの食品輸入規制、解禁問題が論議に

 

日本からの食品輸入規制、蔡英文・総統「現段階では実質的な討論はしていない」

台湾は福島第一原発事故後、福島県・茨城県・栃木県・群馬県・千葉県で生産された食品の輸入を全面禁止

2018年11月に行われた住民投票で禁止継続が決定

住民投票の効力が2020年11月で終了、各方面の動きが活発に

 

謝長廷・駐日代表が帰国、日本側の意向を伝える

謝長廷・駐日代表が蔡英文・総統との面会の際にも伝える

 

王美花・経済部長と顧立雄・国家安全会議秘書長の夫婦、日本台湾交流協会の代表公邸で会食

二人が乗った車の交通事故で明るみに

二人は日本台湾交流協会の代表公邸での会食を認めるも、「日本からの食品輸入規制解禁については話していない」

会食の目的が論議に、経済部「儀礼的な会食」

 

蘇貞昌・行政院長、「総統と日本食品について討論したが、輸入規制解禁は討論していない」

Program Host

関連のメッセージ