対外関係(2020-10-28)台湾との貿易交渉に消極的か、ライトハイザー・アメリカ通商代表

  • 28 October, 2020
  • 早田 健文
対外貿易発展協会(TAITRA)が開催した「USビジネス・デー」。台湾企業のアメリカとのビジネスチャンス拡大を探る。台湾は、アメリカとのサプライチェーン強化を各種の方式で求めている。(写真:CNA)

台湾との貿易交渉に消極的か、ライトハイザー・アメリカ通商代表

蔡英文総統が米国産ラクトパミン残留豚肉の輸入を解禁も、交渉始まらず

台湾はアメリカとの相互貿易協定(BTA)の締結を希望

中国大陸への考慮が原因か

 

外交部、「台湾の経済貿易部門が積極的に通商代表部と意思疎通」

台湾とアメリカの経済団体、台米「BTA聯盟」を結成して推進

 

台湾とアメリカの国防協力、国防産業サプライチェーン構築目指す

台米国防工業会議が開催、アメリカ軍で使用する半導体の多くが台湾製

 

台湾が「USビジネス・デー」、対外貿易発展協会(TAITRA)が開催、

双方の経済関係の強化を推進、ビジネスチャンスを開拓

関連のメッセージ