対外関係(2020-10-07)アメリカのクラック国務次官が台湾訪問、会談内容は非公開

  • 07 October, 2020
  • 早田 健文
アメリカのクラック国務次官、台湾訪問を終えて帰途に。断交後、国務省の最高レベルの高官による台湾訪問だった。(写真:外交部)

アメリカのクラック国務次官が台湾訪問、会談内容は非公開

 

蔡英文・総統、「より多方面の交流に期待」

蔡英文総統:インド太平洋地域、5G(第5世代移動通信技術)、デジタル技術、経済繁栄ネットワーク、エネルギー、インフラ、グローバル・サプライチェーン再編などで基本原則でコンセンサス達成

台湾とアメリカの間の経済対話は早い時期に

 

蔡英文・総統がクラック国務次官を総統官邸での晩餐会に招待

台湾積体電路(TSMC)創業者の張忠謀氏も招待

 

経済成長・エネルギー・環境を担当のクラック国務次官、台湾の経済閣僚多数と会談

沈栄津・行政院副院長、王美花・経済部長、鄧振中・行政院政務委員など

王美花・経済部長、「相互貿易協定(BTA)交渉はアメリカ通商代表部の担当だ」

相互貿易協定(BTA)、交渉期日は不明

ラクトパミンが残留するアメリカ産豚肉の輸入解禁問題について話し合われたのか不明

 

アメリカのクラック国務次官の台湾訪問、中国大陸の軍機が台湾海峡「中間線」を超えて飛行

ポンペイオ国務長官、「中国大陸の強烈な軍事威嚇を相手にしない」

関連のメッセージ