対外関係(2020-09-02)新設スターラックス航空、釣魚台(尖閣諸島)が見えるフライトを実施

  • 02 September, 2020
  • 早田 健文
スターラックス航空の張国煒・董事長(中)、自ら操縦桿を握って「疑似出国」のフライトを実施。釣魚台(尖閣諸島)も見えた。(写真:スターラックス航空/CNA)

スターラックス航空(星宇航空)、釣魚台(尖閣諸島)が見えるフライトを実施

海外旅行ストップで航空会社が苦境、「疑似出国」フライトが人気

新設のスターラックス航空、釣魚台と東沙島に「疑似出国」

会長自らが操縦して、社員とファン限定のフライト

交通部民用航空局、「申請航路からは外れていない」

既定の航空路線から、天気が良ければ釣魚台が見える

 

台湾ソマリランド駐在代表処が開設、中華民国国旗を掲げる

台湾-ソマリランドーソマリアー中国大陸の関係

 

台湾ソマリランド駐在代表処が開設、外交部がSNSで「台湾と書かれていて、余分な字が書かれていないので気持ち良い」

外交部、批判を受けて「編集者の創意だ」

蔡英文・総統、「中華民国は絶対に余分な字ではない」

関連のメッセージ