:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾ソフトパワー - 2021-09-07_元・気象キャスター「任立渝」さん

  • 07 September, 2021
台湾ソフトパワー
「金鐘獎」の「特別貢献賞」に選ばれた元・気象キャスター「任立渝」さん。台湾の多くの人は「任立渝」さんの天気予報を見て育ったと言ってもいい存在。(写真:TVBSの気象予報の様子/RTI)

台湾のテレビ・ラジオ番組賞である「金鐘獎(ゴールデンベルアワード)」の今年(2021年)のノミネートリストが先日発表されました。今年は話題性の高いドラマから数々の部門にノミネートされていて、どの作品から受賞者が出るのか話題となっています。

そのノミネートリストの中の「特別貢献賞」に76歳のもと気象キャスターである「任立渝」さんが選ばれました。

テレビ・ラジオ番組賞で気象キャスターが受賞するというのは、おそらく他の国でも聞いたことがないと思います。

しかし、この「任立渝」さんは、台湾の多くの人がこの「『任立渝』さんの天気予報を見て育った」と言ってもいいほどに有名な人物です。

「任立渝」さんは、今年(2021年)の5月31日の放送を最後に、53年の気象キャスター人生を終えました。それまでほぼ毎日、テレビの画面で目にし、台湾の人たちにわかりやすく天気の変化などを紹介してきました。

私も台湾に住み始めてから本当によくテレビで見ていましたし、ご高齢でありながら手慣れた感じでタブレットを駆使して、モニター画面にわかりやすく表示をして紹介している姿を見てすごいなといつも思っていました。

多くの台湾の人たちも、「任立渝」さんを通して天気の変化を知り、メディアの専門性の価値を目の当たりにしてきました。

そんな「任立渝」さんは、台北市にある中国文化大学大気科学科を卒業後、1968年に中央気象局予報センターの予報員となり、そして主任なども務め、1993年に中央気象局をリタイヤしますが、それまでの間、ずっと気象局のスポークスパーソン的存在でした。

その後、メディアにスカウトされて、台灣電視公司(TTV)、中國電視公司(CTV)、中華電視公司(CTS)といった台湾の老舗テレビ局で気象キャスターを務め、そして、2010年からはTVBSニュースチャンネルで気象キャスターとなりました。そして今年(2021年)の引退まで、およそ半世紀にわたって台湾の気象を伝えてきました。

TVBSニュース部の詹怡宜・副総経理は、「任立渝」さんと長年共に仕事をする中で唯一、断られたことがあるエピソードを紹介しています。

「任立渝」さんがTVBSに入ったばかりの頃、日本で東日本大震災が発生し、その時、専門家の分析が必要だと考え、「任立渝」さんに出演してもらおうと思ったそうですが、「任立渝」さんは、「私の専門は天気予報で、地震は私の専門分野ではない」として、「漫然とした話はしたくない」と頑なに拒否したんだそうです。

また、これ以外にも、異常気象や地球温暖化についても、確かなデータに基づいた“天気予報”の話しか話さなかったそうです。

このことについて「任立渝」さんは、自分が確信している専門分野の話しかできないと語っています。

詹怡宜・副総経理は、これが「任立渝」さんが長きにわたって信頼される理由だと思ったそうです。

さらに詹怡宜・副総経理は、「任立渝」さんのことを、「深刻な台風が来たときには、テレビ局に残ってくれるような献身的な人。そして誰からの天気に関する質問にもとても丁寧に答えてくれる熱心な人だ」と紹介。

「任立渝」さんが天気図の前に立つ姿は、プロとしてのこだわりと、献身的で、誇張せず事実を求める姿勢を示していて、これらは、ニュースメディアが最も持つべき価値観だと思うと語っています。

また、「任立渝」さんは実は前から引退を考えていたそうで、すでに1度先送りにしてもらっていたそうですが、今回は新型コロナの影響もあって再度先送りにしてもらうわけにはいかず、5月31日で引退することになったそうです。

とても謙虚な「任立渝」さん、引退の日も、「コロナ禍、みんなこの(引退の)ことを気に留めないだろう、静かに引退できてちょうどいい」と語っていたそうです。

そんな真面目さ、気象情報の正確さ、わかりやすさ、そして人柄が、台湾の多くの人たちを虜にし、「任立渝」さんの気象情報を信頼をしていました。

ですので、今回の「金鐘獎」で「特別貢献賞」に選ばれたことは、台湾の人たちは納得だ!と思っていると思いますが、本人はというと、「とっても意外だ!驚いた!」とコメント。「気象を放送しただけで『金鐘獎』の『特別貢献賞』をとれるとは思えません。認めてくれて、エントリーしてくれたTVBSに感謝しています」と語っています。

ちなみに、引退の際も目立たないようにしていて、大々的にアピールするのがあまり好きではないという「任立渝」さんですが、授賞式に出席するのかどうかについては、「行かないわけにはいかないでしょう」と語っています。

授賞式では久しぶりに「任立渝」さんの姿が見られそうです。

今年(2021年)の「金鐘獎」の、ラジオ版の授賞式は9月25日に、テレビ版の授賞式は10月2日に行われます。

Program Host

関連のメッセージ