:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ミュージックステーション(2021-11-15)丁噹『當我們再一起』

  • 15 November, 2021
ミュージックステーション
(写真:アルバムカバー)

今週は、1990年代に時間をさかのぼりましょう。

中国大陸出身、2007年に台湾でデビュー、今は台湾を中心に中華圏で活躍している女性歌手、丁噹(デラ)は今月に、カバーアルバムをリリースしました。アルバムのタイトルは、『當我們再一起(Sing Together Again/また一緒に歌おう)』です。1990年代に、中華圏で社会現象となったほどのC-POPのヒットソングを10曲カバーしています。

1990年代を生きた人からすれば、これらの歌は、どれもC-POPの歴史に残る名曲で、カラオケに行く時には必ず誰かが選ぶ定番曲でしょう。しかし、今の若い世代でこれらの歌を知る人は多分そう多くありません。

「1990年代の名曲には、まだまだいろんなポテンシャルがある。その良さを若い世代にも知ってもらいたい」という思いから、丁噹(デラ)は1990年代に大きな話題を呼んだ歌から10曲選び出し、その元の良さを残しつつ、イマドキ風にリメイクして、カバーしました。

今日はデラのこのカバーアルバムから、5曲お楽しみいただきましょう。もしこれからお送りする歌のうち、特に気になる歌があれば、ぜひ原曲を探して、聞いてみてください。

※11月15日にご紹介する曲:
1.「愛如潮水」(愛は潮の如く)
2.「太傻」(愚か過ぎる)
3.「牽掛」(心掛け)
4.「煩」(鬱陶しい)
5.「一個人的我依然會微笑」(一人になっても満面の笑み)

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

Program Host

関連のメッセージ