:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾湾博物館(2021-01-31)与党系議員に対する罷免投票が相次ぐ、台湾の政党関係はどう動く

  • 31 January, 2021
ミュージアム台湾(台湾博物館)
無所属の黄捷・高雄市議会議員(左)。2月6日に罷免(リコール)投票が行われる。桃園市議だった与党・民進党所属の王浩宇氏に対する罷免が成立したのに続いて、民進党が支持する黄捷・議員に対する罷免投票の結果が注目される。(写真:CNA)

与党系議員に対する罷免(リコール)投票が相次ぐ、台湾の政党関係はどう動く

 

与党・民進党の王浩宇・桃園市議の罷免が成立

最大野党・国民党はラクトパミン豚肉の輸入解禁に対する与党に対する不満と位置づけ

昨年6月の韓国瑜・前高雄市長の罷免投票を支持、インターネットでの発言が物議

 

王浩宇氏は緑党で議員当選、2020年2月に民進党に鞍替え

2020年1月の立法院選挙で緑党が議員を当選させられなかったことが原因

「緑党」、世界の「緑の党」の思想的流れを受け継ぐ中間左派政党

最大野党・国民党が罷免賛成で動員、野党第二党・台湾民衆党の罷免賛成

 

次の罷免対象は無所属の黄捷・高雄市議、2月6日に投票

韓国瑜・前高雄市長への批判で有名に

もともと野党第三党・時代力量に所属、その後の内紛で離党

与党・民進党が黄捷・高雄市議を支持

蔡英文・総統「座して何もしないことはできない」、黄捷氏への支持を積極化

 

「時代力量」、2014年のヒマワリ学生運動の流れをくむ政党

ヒマワリ学生運動は、国民党が中国大陸と結んだサービス貿易協定への反対がきっかけ

2016年の立法委員選挙で初登場で野党第二党に、民進党と近い関係

離党者が相次ぎ、野党第三党に後退

 

罷免投票の対象もう一人、台湾基進の陳柏惟・立法委員

「台湾基進」、台湾独立急進派の政党、立法院では1議席

陳柏惟・立法委員が唯一の公職者

ヒマワリ学生運動で活躍

 

立法院での席次(定員113)

民進党62(+無所属1)

国民党38(+無所属2)

台湾民衆党5

時代力量3

台湾基進1

無所属1

Program Host

関連のメッセージ