:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾博物館(2020-12-13)クトパミン残留ゼロを義務付け、地方自治体での独自条例制定が相次ぐ

  • 13 December, 2020
ミュージアム台湾(台湾博物館)
高雄市議会は、最大野党・国民党主導で、ラクトパミン残留ゼロを義務付ける「高雄市食品安全衛生理自治条例」を可決。陳其邁・高雄市長(前列左)は与党・民進党所属。中央と地方がラクトパミン残留豚肉の輸入問題で異なる対応を見せる中で、陳其邁・高雄市長は中央政府に裁量を求めた。(写真:CNA)

自主隔離違反に8秒で罰金10万台湾元、台湾では当たり前

フィリピン人労働者が部屋から8秒離れただけで罰金

 

春節(旧正月)前の忘年会、今年は自粛ムード

新型コロナウイルスの影響、忘年会を開催する企業60%

前年の86%から大幅減少

 

アメリカからのラクトパミン残留豚肉の輸入解禁、75%が心配

 

クトパミン残留ゼロを義務付け、地方自治体での独自条例制定が相次ぐ

肉類からのラクトパミン・ゼロ、高雄市議会が条例を可決

高雄市は与党・民進党市長だが、議会は最大野党・国民党が多数

陳其邁・高雄市長、中央政府に裁量を求める

新北市、金門県などでも相次いでがラクトパミン・ゼロ条例制定

侯友宜・新北市長が条例を支持、蘇貞昌・行政院長「食品安全は挙国一致で」

侯友宜・新北市長、中央政府が拒否すれば「法律に訴える」

 

蘇貞昌・行政院長、「ラクトパミン残留豚肉の輸入を解禁しなけば、CPTPPに入れない」

Program Host

関連のメッセージ