:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾博物館(2020-11-29)「秋闘」デモに6万人、ラクトパミン豚肉の輸入解禁反対が主要テーマ

  • 29 November, 2020
ミュージアム台湾(台湾博物館)
労働者団体40余りが主催した「秋闘」デモが台北市で。ラクトパミン豚肉の輸入解禁反対が主要テーマとなった。ブタのアドバルーンも登場。(写真:CNA)

「秋闘」デモに6万人、ラクトパミン豚肉の輸入解禁反対が主要テーマ

「蔡英文・総統、辞めろ」「蘇貞昌・行政院長、辞めろ」などのスローガンも

最大野党・国民党、野党・台湾民衆党も合流

国民党は支持者を動員

テレビニュース・チャンネル「中天新聞」も言論の自由を訴え参加

 

労働者団体主催の「秋闘」、戒厳令解除後の1988年から

1996年の総統選挙には、李登輝・彭明敏・林洋港・陳履安の各候補が参加

当時の野党・民進党がデモに参加、政党の参加は拒絶せず

テーマも労働問題から各種の内容に広がる

民進党と社会運動が結束

 

民進党政権発足後、民進党と社会運動の結びつき弱まる

社会運動が弱体化

今回は民進党批判に転じる

 

蘇貞昌・行政院長、「言論、集会・デモの自由を尊重」

民進党、「国民党は政治利用をやめろ」

 

民進党系の台湾民意基金会の調査、ラクトパミン豚肉の輸入解禁に反対

 

国民党の江啓臣・主席、蔡英文・総統にラクトパミン豚肉についての討論を呼び掛け

蔡英文・総統、「立法院で討論を」

江啓臣・主席、「輸入解禁を宣言したのはあなただ」

Program Host

関連のメッセージ