:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾博物館(2020-09-27)中国大陸との軍事的緊張が高まる、台湾とアメリカの頻繁な交流で

  • 27 September, 2020
ミュージアム台湾(台湾博物館)
蔡英文総統(2列目右から2人目)はこのところ、軍の視察を頻繁に繰り返している。(写真:CNA)

中国大陸との軍事的緊張が高まる、台湾とアメリカの頻繁な交流で

中国大陸の軍機が台湾海峡「中間線」を超えて飛行

蔡英文総統、「これは武力による脅迫ではないのか」

 

馬英九・前総統、「両岸が開戦しても、アメリカによる台湾への軍事支援は可能性低い」

「蔡英文政権の『アメリカと連携し、中国大陸ら対抗する』政策は、両岸関係を緊張から危機に陥れる」

 

アメリカのクラッチ国務次官の台湾訪問、台湾側との会談は非公開

蔡英文総統、経済関連閣僚などと面会

蔡英文総統、「多くの協力項目でコンセンサスを得た」

インド太平洋地域、5G(第5世代移動通信技術)、デジタル技術、経済繁栄ネットワーク、エネルギー、インフラそれにグローバル・サプライチェーン再編など

蔡英文総統、台湾・アメリカの経済対話の早期開催を希望

 

ラクトパミン残留のアメリカ豚肉の輸入解禁に反対、最大野党・国民党が第一段階の署名を提出

 

最大野党・国民党、中国大陸での「海峡フォーラム」への代表団派遣を中止

中国大陸のテレビ局による「求和」発言に反発

代表団と団長としてフォーラム出席予定の王金平・元立法院長、蔡英文総統と会見していた

王金平氏、蔡英文総統かせのメッセージ伝達を否定

江啓臣・国民党主席、「両岸の対話はフォーラムだけではない」

 

「海峡フォーラム」、汪洋・政治協商会議主席は参加せずリモート出席のみ

対台湾政策No2の汪洋氏、「92年コンセンサス」に言及

「台湾独立」に断固として反対

 

最大野党・国民党、党大会で「92年コンセンサス」の継続を確定

Program Host

関連のメッセージ