:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾博物館(2020-09-13)ラクトパミンが残留するアメリカ産豚肉の輸入解禁に賛否

  • 13 September, 2020
ミュージアム台湾(台湾博物館)
蔡英文・総統、ラクトパミンが残留するアメリカ産豚肉の輸入解禁を宣言。台湾では、台湾産豚肉がおいしいと評価が高い。このように、冷蔵せずに販売されている「温屠体」の豚肉がおいしいと考えられている。輸入解禁に伴って、こうした店にも今後は原産地表示が義務付けられる。(写真:CNA)

台湾産ザボン、今年は5000トン輸出目指す

中秋節前、収穫の最盛期に

今年、20年ぶりに日本への輸出再開

 

蔡英文・総統、ラクトパミンが残留するアメリカ産豚肉の輸入解禁を宣言

2021年1月1月から輸入が解禁に

蔡英文・総統、「国家利益と将来の戦略発展のため」

台湾の養豚業への打撃緩和のため100億台湾元の「養豚産業基金」を開設

 

最大野党・国民党が批判、「野党時代に反対していた民進党が与党になると態度転換」

「食の安全」と「貿易交渉」を交換と批判

国民党が住民投票を発動、「ラクトパミンが残留するアメリカ産豚肉の輸入解禁」の是非を問う

 

豚肉の原産地表示を厳格化、夜市・食堂まで対象に

ラクトパミンの残留上限を発表

台湾の養豚業には引き続きラクトパミンを禁止

 

台湾の養豚業者、「競争を恐れない」

一部の業者は反対の街頭デモを計画

飲食業者、「台湾産豚肉には競争力がある」

 

健康保険システムによるマスク販売、業者が中国大陸製を混入

一般マスクとして輸入したものを医療用と偽る

政府の取締り能力に疑問高まる、「マスクを監視できなくて豚肉を監視できるのか」

蘇貞昌・行政院長、「政府による厳格な監視に支持を」

Program Host

関連のメッセージ