:::

Rti 台湾国際放送ミュージアム台湾(2015/11/01)後半 話題作「湾生回家」の魅力に迫る!後編

  • 01 November, 2015
ミュージアム台湾(台湾博物館)
灣生回家今首映 灣生爺奶們回家

湾生、というのは、1895年から、1946年までの間に台湾で生まれた日本人のことを指します。台湾で生まれていながら、第二次世界大戦の終焉とともに、望む望まざるに関わらず日本への帰還を余儀なくされた湾生たちは、そのあと、日本で、いろいろな苦労を背負って生きてきたといわれています。ドキュメンタリー映画、「湾生回家」は、湾生を祖母に持ち、台湾と日本の血を引く田中実加さんが、「ふるさと」台湾への強い思いを胸に抱き続ける湾生たちを取材し、その姿をカメラに収めた映画作品です。台湾のアカデミー賞といわれる中華圏の映画の最高栄誉、ゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)ドキュメンタリー部門でノミネートされるなど、高い評価を得ています。10月16日からは台湾各地、35箇所の映画館で上映開始、ドキュメンタリー映画にしては異例の大ヒットとなっています。番組では、映画上映に先駆けて台北市で行われた記者会見に出席した湾生の皆さんの生の声を中心に、前、後編に分けて、映画の魅力をお伝えしてまいります。

Program Host

関連のメッセージ