:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送きょうのキーワード(木曜日) - 2021-12-09_「貓站長」

  • 09 December, 2021
きょうのキーワード(木曜日)
集集駅の100周年にあわせ、2022年に「猫駅長」に就任するこの茶トラ猫の名前を募集中。ネットでは様々な名前の候補が上がり盛り上がっている。(写真:RTI)

今日ご紹介するキーワードは「貓站長」。

これは、“猫駅長”のことです。

“猫駅長”といえば、和歌山県の貴志駅の「たま駅長」が有名ですが、台湾にも近々、「貓站長(猫駅長)」が誕生すると話題になっています。

“猫駅長”が誕生するのは、絶滅危惧種のタイワンヤマネコの生息地の一つである台湾中部・南投の集集エリア。

ここにある在来線台湾鉄道の「集集」駅は来年(2022年)に100歳を迎えます。

そこで集集エリアの陳紀衡・鎮長が、最近、引き取った1匹の茶トラの野良猫を“猫駅長”にすることにし、フェイスブック上で名前を募集して、盛大に祝いたいとしているんです。

なんでも陳紀衡・鎮長によると、「タイワンヤマネコをみんなに披露するわけにはいかないので、タイワンヤマネコと同じようなペットのネコを登場させる」ことにしたんだそうです。

そして今、みんなこぞって“猫駅長”の名前を考えています。

ネットでは、その毛の色から「大金」や「小橘(みかん)」、また縁起のいい「吉虎」だったり、集集エリアがある南投の特産がバナナであることから、バナナの中国語「香蕉」の“蕉”の字を2つ並べて「蕉蕉」という名前。または、集集エリアの“集”の中国語読みと、“子猫”を意味する中国語の“貓咪”の“咪”の音を英語の音にあてはめて「集咪(Jimmy)」なども登場しました。

この他、インタビューでも「“阿集”だったらこの土地っぽいしとても親しみやすい」とか、「奶油(クリーム)。色がクリームみたいに白っぽい」という意見もありましたよ。

皆さんでしたらどんな名前を付けますか?

なお、“猫駅長”は将来、新しくできた小屋の中にいて、旅行客と交流を図る予定です。集集エリアの役所では、“猫駅長”の人気をきっかけに、野良猫や野良犬、そしてタイワンヤマネコの保育に感心を持つ人が増えることを期待しています。

Program Host

関連のメッセージ