:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送きょうのキーワード(木曜日) - 2021-11-25_ 「麻雀變鳳凰」

  • 25 November, 2021
きょうのキーワード(木曜日)
(写真:CNA)

今日ご紹介するキーワードは「麻雀變鳳凰」。

“麻雀”で中国語の“スズメ”ですので、直訳すると「スズメが鳳凰になった」となります。一体どういう意味なのでしょうか。

この「麻雀變鳳凰(スズメが鳳凰になった)」とは、人や物、事が短期間のうちに周りがうらやむような状態になることのたとえです。

例えば、「平凡ないち市民の女性が王室に嫁ぐことになるなんて、“スズメが鳳凰になった”ね」というような言い方をします。

つまり、「シンデレラストーリー」とか「玉の輿に乗る」、というような意味となります。

日本でも有名なハリウッド映画で、リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが主演するロマンチック・コメディ「プリティ・ウーマン」の台湾でのタイトルはこの「麻雀變鳳凰」なんですよ。

そして、先日、皇室を離脱してまで小室圭さんと結婚し、アメリカへと旅立った眞子さんについて台湾のアルメディアが、この「麻雀變鳳凰(スズメが鳳凰になった)」という言い方をもじって、「鳳凰變麻雀(鳳凰がスズメになった)」という表現をあてはめて紹介していた…と、日本で報じられていましたが、よくよく記事を読んでみると、そこを強調して紹介したわけではなく、「眞子さんが“鳳凰變麻雀(鳳凰がスズメになった)”と言われていますが~」という比喩的表現として紹介しているだけでした。

ちなみに、この元々の「麻雀變鳳凰(スズメが鳳凰になった)」は、「シンデレラストーリー」とか「玉の輿」というような意味だけではなくて、「かつては雑草が生い茂っていて荒れ果てた土地が、“スズメが鳳凰になった”よ。いまでは比類ない価値を持つテクノロジーパークに生まれ変わった!」というような、物や事柄で短期間に周りがうらやむような大変化が起こったときにも使われますよ。

ぜひ覚えておいてくださいね。

Program Host

関連のメッセージ