:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送きょうのキーワード(木曜日) - 2021-09-02_「振興五倍券」

  • 02 September, 2021
きょうのキーワード(木曜日)
(写真:2020年に発行された振興三倍券/CNA)

今日ご紹介するキーワードは「振興五倍券」。

この「振興五倍券」とは、中華民国政府が新型コロナによって停滞している経済を活性化させるための景気対策として支給する現金のようなものです。“振興券”という形で発行されることから“券”という言い方をされますが、“振興券”で受け取る以外に、「デジタルチケット」として受け取って、電子クーポンと同じような使い方もできます。

実はこの景気対策が行われるのは2度目で、昨年(2020年)に「振興三倍券」が発行されました。前回は「三倍券」だったのですが、これは国民1人当たり1,000台湾元(日本円およそ3,900円)を自己負担することで、その3倍となる3,000元(およそ1万2,000円)の消費ができるという事から、「三倍券」という名前となっていました。

そして今回は「五倍券」という事で、当初は、前回同様1人当たり1,000元を自己負担して5,000元(およそ2万円)の消費ができるとみられていましたが、今回は、個人の負担はなしで、政府が丸々5,000元分支給してくれることとなりました。

受け取ることができる対象者は、

●中華民国国籍を持つ人(2022年4月30日までに生まれた新生児も含む)

●居留資格をもつ外国籍の配偶者

●永久居留証を持つ外国籍の人

となっています。

9月下旬から予約申請を開始し、10月上旬から受け取りが始まります。そして受け取った「五倍券」は、来年(2022年)の4月末まで使用できます。

台湾の最高学術研究機関「中央研究院」の調べでは、「三倍券」の時は台湾経済成長率へ最高0.53%貢献したそうですので、今回の「五倍券」の効果も期待されています。

Program Host

関連のメッセージ