:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送きょうのキーワード(月曜日) - 2021-12-06_猫空ロープウェイ、ケーブル交換作業完了 12/12運行再開

  • 06 December, 2021
きょうのキーワード(月曜日)
台北市の新交通システム、タイペイメトロは、台北市と近郊のお茶所、猫空(マオコン)とを結ぶ、「猫空ロープウェイ」のケーブルを交換するため、去る9月13日から「猫空ロープウェイ」を運休している。猫空(マオコン)への交通手段として人気を集めている「猫空ロープウェイ」は、2007年に開業したもの。ケーブルの交換は、過去15年来初めて。3ヶ月、およそ100日を経て、「猫空ロープウェイ」ケーブル交換作業がこのほど、完了し、現在試運転が行われている。(写真:CNA)
きょうのキーワード(月曜日)
台北市の新交通システム、タイペイメトロは、台北市と近郊のお茶所、猫空(マオコン)とを結ぶ、「猫空ロープウェイ」のケーブルを交換するため、去る9月13日から「猫空ロープウェイ」を運休している。猫空(マオコン)への交通手段として人気を集めている「猫空ロープウェイ」は、2007年に開業したもの。ケーブルの交換は、過去15年来初めて。3ヶ月、およそ100日を経て、「猫空ロープウェイ」ケーブル交換作業がこのほど、完了し、現在試運転が行われている。(写真:CNA)

きょうのキーワードは、「猫纜(マオラン)」です。猫は、動物の猫の旧字体、纜は、いとへんに観覧車の覧と書く字です。ここのマオ、猫は動物の猫のことではなく、台湾の著名なお茶所、猫空(マオコン)の頭文字です。で、纜は、ロープウェイの中国語、纜車の頭文字です。「猫纜(マオラン)」は、「猫空ロープウェイ」の略称です。

台北市の新交通システム、タイペイメトロは、台北市と近郊のお茶所、猫空(マオコン)とを結ぶ、「猫空ロープウェイ」のケーブルを交換するため、去る9月13日から「猫空ロープウェイ」を運休しています。

猫空(マオコン)への交通手段として人気を集めている「猫空ロープウェイ」は、2007年に開業したものです。ケーブルの交換は、過去15年来初めてです。3ヶ月、およそ100日を経て、「猫空ロープウェイ」ケーブル交換作業がこのほど、完了し、現在試運転が行われています。

ケーブルが交換された後の「猫空ロープウェイ」は、12月12日午後2時に営業を再開する予定です。台北市はそれを祝うため、運賃の割引などの優遇措置のほか、ニューイヤー花火観賞ゴンドラも打ち出します。乗客は、高いところから、台北市のランドマーク、世界有数の超高層ビル、高さ509メートルを誇る、台北101を発射台とする、ニューイヤー花火を観賞することが出来ます。

「猫空ロープウェイ」センターの潘同淵・副主任によりますと、今回、8.5キロメートルに及ぶケーブルを交換しました。その重さは90トンに達しています。それに加えて、「猫空ロープウェイ」は、山間部にあります。最大のネックは、どうやって十数トンのケーブルと大型の機械を仕事エリアに運ぶかということです。

ケーブルの運搬のほか、手でケーブルを繋いでいく作業もかなり大変でした。ケーブルを繋ぐとき、重さ800キログラムのケーブルを上げなければなりません。それは20人から30人の協力が必要です。ケーブルは地面に落ちてはいけません。ケーブルを繋ぐとき、外国人技師の指示に従わなければなりません。遅れる人がいれば、すべてやり直し。

過去3ヶ月、台風、地震、連日の大雨などの試練を乗り越えてケーブルの交換に成功した、「猫空ロープウェイ」は、12月12日に新たな姿で乗客を迎えます。

「猫空ロープウェイ」から見る、台北101のニューイヤー花火は、きっと非常にきれいでしょう。

Program Host

関連のメッセージ