:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ナルワンアワー(月曜日) - 2021-11-29_一蘭拉麺2号店、台中にオープン!

  • 29 November, 2021
ナルワンアワー(月曜日)
一蘭拉麺2号店が11月24日、台中にオープンした。一番乗りと二番乗りは友人どうしで、地元・台中の弘光科技大学栄養科3年生の黄さんと楊さん。なんと21日の夜23時過ぎから並び始め、59時間、およそ2日半並んでいたとか!(写真:CNA)

先週の水曜日(11/24)、台湾中部・台中に日本のラーメン店がオープンして話題となっています。

そのラーメン屋さんは、福岡発の人気ラーメン店「一蘭」。皆さんは食べられたことはありますか?日本でも各地にチェーン展開をしている人気のラーメン店ですが、台湾には2017年に台北に1号店がオープンしました。その際にはオープンからずっと大行列で、24時間営業のため深夜も明け方も人が絶えず、ついには312時間行列が途絶えなかったという記録を作りました。

台北の店舗は現在も平日で2時間から3時間、休日は4時間から6時間ほど並ぶなど、今も人気の店舗となっています。

そして、一蘭によりますと、お客様調査をしたところ、来店客のトップ3は新北市、台北市、台中市からのお客さんだったそうで、台中にもお店を作って欲しい!という声が多かったことから、今回、2号店を台中市にオープンすることになったんだそうです。

その2号店の場所は、高速バスの拠点である台湾大道と朝富路口に位置していて、有名な秋紅谷廣場の向かいにあります。

およそ200坪の店舗は、一蘭独特の“味集中カウンター”が41席、そして今回オープンした台中店には、日本の浅草の屋台風にデザインされた初のお土産売り場コーナーが設けてあります。

そんな台中店のオープンはどうだったのかというと…やはり大行列!

オープンは11月24日の午前10時だったのですが、前日には行列ができ始め、オープン当日の午前8時には200人以上が並び、午前9時頃には行列はさらに増え500人以上にまで伸びていました。そしてオープン後も列がどんどん伸びていったことから、お店側が周辺道路の通行の妨げにならないよう、午前11時から整理券を配り始めたそうですが、午後14時には整理券1400枚が全て出てしまったそうです。すごい人気ですよね!

ちなみに、この一蘭台中店のオープン記念に、恒例の非売品の「有田焼 一蘭特製拉麺どんぶり」を先着3名にプレゼントを行ったのですが、1番乗りと2番目は友人どうしで、地元・台中の弘光科技大学栄養科3年生の黄さんと楊さん。なんと21日の夜23時過ぎから並び始めたそうで、59時間、およそ2日半並んでいたそうです!

そして3番目も元々は大学生だったそうですが、人気YouTuberがその学生さんと交渉して、30,000台湾元(日本円およそ12万2,000円)で3番目の席を譲ってもらったそうです。さらにはその後、6,000元(およそ2万4,000円)を払って代理の人に並んでもらったそうで、合計36,000元(およそ14万6,000円)をかけて特製どんぶりを手に入れていました。

なんでも台北店がオープンしたときには48時間前からこの拉麺どんぶりを狙ってファンが並んだという事で、今回台中店のオープンに合わせ、YouTuberも48時間前に訪れたのですが、着いた時にはすでに5人が並んでいたんだそうです。最初はあきらめようと思ったそうですが、あきらめきれず、交渉したんだそうです。いや~、そこまでして手に入れようとしたことにちょっと驚きました。

また、オープン初日は先着1,500名に台中店のオリジナル記念品がプレゼントされたほか、お土産を2000元以上購入した人には一蘭特製ピンバッジをプレゼントしていました。

台中店は24時間営業ではなく、朝10時から深夜0時までの営業時間となっていますが、オープン翌日も、その翌日も…毎日、長蛇の列ができています。

一方で、ネットでは…

「日本の一蘭だったら並ぶ必要ないのに」、「一蘭は日本でも並んでいたのは台湾人だけだった」と、この大熱狂の行列をやや冷ややかに眺めるコメントが書き込まれましたが、それに対して、「日本も並んでいるよ」、「日本人だって食べてるよ」と、反論するコメントも並んでいました。

台湾の多くの人が注目していることは間違いなさそうです。

一蘭拉麺台中店は、本来は8月にオープン予定でしたが、新型コロナの影響で11月に延期となっていました。

元々、“味集中カウンター”スタイルだったことから、昨年(2020年)は新型コロナの影響はあまり受けず、業績は2~3割伸びたそうですが、今年(2021年)の5月に台湾で新型コロナの感染が拡大し、店内飲食が禁止となったことから、今年は大きな影響を受けたそうです。現在はまたこれまで通りに戻ったそうですが、この台中店の行列を見ていると、今年も業績はぐっと上がりそうですね。

Program Host

関連のメッセージ