:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ナルワンアワー(月曜日) - 2021-03-15_今、注目の「台湾産パイナップル」、東京五輪にも登場?!

  • 15 March, 2021
ナルワンアワー(月曜日)
今、話題の台湾パイナップルをはじめ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、バナナが東京オリンピックの食材として供給が可能に。(写真:農業委員会の陳吉仲・主任委員のフェイスブックページよりスクリーンショット)

先月(2月)末、中国が、台湾産のパイナップルから害虫が検出されたとして、3月1日から輸入を停止するという発表を出して以降、台湾では蔡英文・総統を筆頭に政府が、パイナップルの購入を増やして農家を支えようと呼びかけるとともに、中国以外の国や地域への輸出強化を図ってきました。

それにこたえて、台湾では民間団体や企業なども大量購入をするなど、農家を支援する動きが起こり、そしてその支援の動きは海外にも広がっていきました。

日本でも、台湾を支援しようという動きが高まっていますよね。多くの日本人が「台湾を応援しようと思って台湾産パイナップルを探しに来ました」とインタビューで語っていたのが台湾でも流れています。

日本の輸入業者からも多くの注文が寄せられていて、昨年は2100トン程だった台湾産パイナップルの輸出が、今年は6000トンにまで達する見込みだそうです。

3月9日から4日間に渡って千葉県の幕張メッセで行われたアジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN 2021」では、台湾パビリオンに台湾の22の企業も参加していたのですが、パビリオンの規模はそれほど大きくないにも関わらず、NHKやTBS、テレビ朝日などのテレビ局に加え、日刊工業新聞や、なんと週刊「プレイボーイ」までもが台湾産パイナップルに関する取材をするために、やってきたそうです。

また、日本の大手スーパー、西友では、11日に台湾南部・屏東県産のパイナップルが発売されると、当日に完売したようですね。

日本でも連日、台湾産パイナップルに関する報道があっているようですが、台湾では、台湾産パイナップルの紹介をしている日本のワイドショーや、台湾産パイナップルを買いに来た人たちのインタビューの模様、そして台湾産パイナップルが販売されているお店をまとめた「台湾パイナップルマップ」が登場していることなど、日本で紹介されている台湾産パイナップルの報道が連日各メディアで紹介されています。

さらには、日本の作曲家、サワグチカズヒコが台湾産パイナップルの魅力を伝える曲「台湾パイナップルのうた」を制作し、「給食当番」というグループが歌ったミュージックビデオを動画投稿サイトYouTubeで公開したことも台湾で話題となり、温かい支援に多くの台湾人が感動し、さらには与党・民進党の王定宇・立法委員もその映像を自身のフェイスブックページでシェアしていました。

日本でも人気に火が付いた台湾のパイナップル。最初はただ“支援したい”という気持ちで購入したけど食べたらその美味しさに虜になったという声も聞こえてきます。

そんな注目の台湾産パイナップルが、東京オリンピックに“登場”するかもしれません。

農業委員会の陳吉仲・主任委員によると、台湾のパイナップル、マンゴー、ドラゴンフルーツの適正農業規範「TGAP2020PLUS」が、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会 組織委員会 総務局 持続可能性部より「持続性を考慮した農産品提供基準」に合致するという認証を得たと明らかにしました。

これによって、昨年(2020年)にすでに同認証を得ている台湾産バナナと併せて、4種類の果物が東京オリンピックの食材として供給が可能になります。

東京オリンピックで提供される飲食物に使用される食材は、全て国際的な適正農業規範である「グローバル・ギャップ(GGAP)」か、日本の適正農業規範(農業生産工程管理)である「ジェイ・ギャップ(JGAP)」と合致する必要があり、その他の認証に関しては東京オリンピック組織委員会の認可を得る必要があります。そこで農業委員会は、東京オリンピックに良質な農産品を提供する意欲のある業者に「グローバル・ギャップ(GGAP)」取得を促すのと同時に、台湾の適正農業規範である「TGAP(ティー・ギャップ)」の見直しを行い、日本側へ「東京オリンピックの基準に合致したものである」という認証の申請を提出していました。

今回、その認証スキームが基準をクリアしているとして認証されたのです。

これを受け蔡英文・総統も自身のフェイスブックページで報告し、「より多くの、よりたくさんの台湾の果物が、世界の舞台で輝くことを期待している」とコメントしています。

台湾のマンゴーやバナナは日本でもすでに有名ですが、台湾産パイナップルに今、注目が集まり、そしてドラゴンフルーツなんかは、日本ではまだあまりなじみのない果物ですので、東京オリンピックをきっかけにこれから一気に人気に火がつくかもしれませんね。

Program Host

関連のメッセージ