:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2021-02-10)小虎隊「星星的約會」/Wink「淋しい熱帯魚」

  • 10 February, 2021
ウーロンブレーク(水曜日)
「台湾の少年隊」と呼ばれる男子アイドルユニット・小虎隊(ザ・リトル・タイガース)。左からは蘇有朋(アレック・スー)、吳奇隆(ニッキー・ウー)、陳志朋(ベニー・チェン)。(写真:YOUTUBEスクリーンショット)

今週は、1990年代に中華圏で大きな人気を博し、「台湾の少年隊」と呼ばれる男子三人組アイドルユニット、小虎隊(ザ・リトル・タイガース)が1990年に発表したヒットソング「星星的約會」をお送りいたします。「星々のデート」という意味です。

日本では血液型の話題が人気のように、台湾では星座が気になり、台湾人はよく星座占いの話題で盛り上がります。

この歌「星々のデート」は、好きな女性を口説いているラブソングですが、人気の星座のネタが使われています。「今夜、貴方の愛情と幸運を持って、僕の星に近づいてよ。明日の夜空には奇跡が現れるだろう。僕たちの星座が永久に寄り添い、輝き続けるから」と歌っています。

この歌の原曲は、日本の女性アイドルデュオ、Winkが1989年に発表した、「淋しい熱帯魚」です。好きな人の理想のタイプになりたいけど追いつけない。苦しいのに、相手への思いをやめられないと、片思いの気持ちを描いている歌です。

ちょっとした不安と寂しさを感じさせる原曲と、自信満々に好きな人を口説こうとするカバー曲、これが、片思いに対する男女の態度の違いと言えるでしょうか?

(編集:曾輿婷/王淑卿)

 

Program Host

関連のメッセージ