:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ミュージックステーション(2020-12-07)2020台湾オリジナルミュージックアワード

  • 07 December, 2020
ミュージックステーション
(写真:台湾原創流行音楽大奨のオフィシャルサイトよりスクリーンショット)

方言によるオリジナルの音楽創作を奨励するために、毎年、文化部によって主催されている賞、「台湾原創流行音楽大奨(台湾オリジナルミュージックアワード)」は、最近、今年の受賞作アルバムをリリースしました。

この賞は、毎年に台湾の方言、台湾語、客家語、そして先住民族の言葉、原住民族語という3部門に分かれて作品を募集しています。各部門は応募作品の中から、1位から3位と佳作3作を選びます。さらに授賞式の日には、ノミネートされた歌手はその歌を披露します。その場ではまた「ライブパフォーマンス賞」の受賞者が選ばれます。「台湾オリジナルミュージックアワード」を通して注目され、さらに一躍人気歌手になった新人歌手は多くいます。

それでは、一体今年の「台湾オリジナルミュージックアワード」には、どのような音楽が受賞したのでしょうか?今日は、今年各部門の受賞作から、優勝と準優勝の作品をピックアップし、皆様にお楽しみいただきたいと思います。

※12月7日にご紹介した曲:
1.台湾語部門
① 1位:黃昺翔(Sean Huang)/「叫爸爸」(お父さんと呼んで)
② 2位:海島青年実験室(Youths of the Sea Island)/「若是講汝想欲飛」(もし貴方が飛び立ちたいというのなら)

2.客家語部門
① 1位:邱淑蟬/「望」(Mong)
② 2位:陳秉燁/「闊」(Vast)

3.原住民族語部門
① 1位:一好‧屴夯(Lihaw Lihang)/「大小獵人(Basaw ni Lihaw)」(大人狩人と子供狩人)
② 2位:金秀麗Leleve/「先跳再説」(とりあえず踊ろう!)

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

Program Host

関連のメッセージ