台湾経済最前線(2020-06-25)2020年の経済成長率、予測を1.67%に下方修正も1%確保に自信

  • 25 June, 2020
  • 早田 健文
新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐため、仕事や授業でリモート方式の採用が進んだ。このため、情報・通信機器、電子製品の輸出受注が4月は2ケタ成長となった。(写真:CNA)

給食は有機米、台中の私立学校で12月から

 

2020年の経済成長率、予測を1.67%に下方修正

2月予測の2.37%から0.7ポイント引き下げ

主計総署は1%確保に自信、民間消費低下でも

 

4月の景気警告信号は「黄青(やや鎮静)」、回復はまだ時間必要

 

4月の失業率は4.03%、世界金融危機以来で上昇率最大

勤務先の廃業・縮小による失業が14.6万人、1カ月で3.6万人増加

6月の卒業シーズン到来、観光・飲食は就職難

 

4月の飲食業による売上高は479億台湾元、対前年同月比22.8%減少

4月の工業生産指数は107.3で、対前年同月比3.51%上昇

 

4月の輸出受注、385.3億米ドルで対前年同月期比2.3%増加

予測を上回る好調

情報・通信機器、電子製品が2ケタ成長で、4月として過去最高

新型コロナウイルス感染の影響によるリモート需要の増加で

従来型産業は2ケタ衰退

 

使用曲 蕭敬騰(Jam Hsiao)+林俊傑(JJ Lin)「Hello」

関連のメッセージ