対外関係(2020-06-17)アメリカと中国大陸の板挟み、台湾積体電路(tsmc)の難題

  • 17 June, 2020
  • 早田 健文
アメリカが中国大陸の華為(ファーウェイ)を封じ込めを進める中で、台湾最大の半導体メーカーである台湾積体電路(tsmc)が板挟みになっている。(写真:AP)

日本系のドラッグストアが店舗展開を加速、海外旅行ができないから

マツモトキヨシ12店、Tomod's 33店

台湾地場系で日本商品主体の日薬本舖52店に拡大計画

 

アメリカが中国大陸の華為(ファーウェイ)をボイコット、半導体の台湾積体電路(tsmc)の出荷に影響

台湾積体電路(tsmc)の中国大陸での業務は全体の10~12%、大部分が華為(ファーウェイ)向け

アメリカと中国大陸、どちらに付くか難題

 

中国大陸の半導体、自主生産が加速

中国大陸の中芯集成積体電路(SMIC)、160億人民元を追加投資

中国大陸の中芯集成積体電路(SMIC)、創業者の一人は台湾積体電路(tsmc)の元社員

関連のメッセージ