宝島再発見 - 2020-05-16公共テレビとNHKの共作『路〜台湾エクスプレス〜』、5/16台日で同時放送

  • 16 May, 2020
  • 王 淑卿
公共テレビとNHKの共作『路〜台湾エクスプレス〜』が5月16日から三週間にわたって台湾と日本で共に放送されている。写真は15日に行われたプロモーション記者会見の様子。(写真:CNA)

【台湾】5/16九日連続新規感染者ゼロ、34日連続国内感染ゼロ

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92481

台鉄・高鉄に乗って駅弁を、6月から次第に解禁の見通し

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92482

公共テレビとNHKの共作『路〜台湾エクスプレス〜』、5/16台日で同時放送

台湾の公共テレビと日本の日本放送協会NHKが共同制作した、テレビドラマ、『路〜台湾エクスプレス〜』がきょう5月16日に台湾と日本で同時に放送されます。

『路〜台湾エクスプレス〜』は、日本の作家・吉田修一さんによる日本の長編小説、『路』(ルウ)を原作とするテレビドラマです。

16日からNHK総合テレビおよびNHK BS4Kの「土曜ドラマ」で放送されています。

原作の『路』は、日本と台湾を舞台に、台湾新幹線こと、台湾高速鉄道が建設から開通までの8年間を巡る台湾と日本の人々の絆と人生の物語を描いています。2013年、台湾で中国語版が刊行されました。

WIKIでは吉田修一さんがこの長編小説を書かれたきっかけについて次のように紹介されています。

『吉田が10年以上前に台湾を訪れた際に、驚くほど台北の気候や風土、そして雰囲気が故郷の長崎に似ていたため自身に合うと感じたといい、そこから何度も台湾に足を運ぶようになった[9]。2004年に日本人女性と台湾人の男性が屋台で出会う小説を書いて以降、更にこの物語を組み立てて長編に仕立てたいと思うようになったという[9]。また、台湾で2008年に公開された映画『海角七号 君想う、国境の南』のエンディングで「野ばら」を合唱するシーンに涙するほど感動して「この映画がなければ『路』もなかった」とも語り、さらに「湾生」と称される、日本統治下の台湾に生まれ時代に翻弄された日本人の物語を加えて執筆したという[5]

本作で描きたかったのは昭和前期から平成まで続く時間の長さや奥行きであったといい、個々の人間を深く描いていくことで国の関係やその時代をも見通せるような小説にしたかったと語る[9]。台湾を訪れたことで更に台湾が好きになったという吉田は「老人が船に乗って何日もかけて渡った遠い台湾と現代の若い人が感じる近くの台湾との格差を見るのも楽しい。時間が短くなることでそれぞれの思いの距離も近くなればいいと思う」と語った[9]

作中では、「今回は食べ物1つ、登場人物の性格1つとっても、僕の好きなものだけを書きました」と語るように台湾の気候や光景、夜市で売られる食べ物、台湾人の風習や考え方などを多く描出し、さながら吉田版「台湾ガイドブック」の性格も併せ持っている

関連のメッセージ