対外関係(2020-03-25)オーストラリアが台湾からのパイナップル輸入を解禁、5年間の交渉が実る

  • 25 March, 2020
  • 早田 健文
収穫したばかりの台湾産パイナップル。海外市場でも人気が高い。(写真:行政院農業委員会農糧署/CNA)

オーストラリアが台湾からのパイナップル輸入を解禁、5年間の交渉が実る

台湾からのパイナップル輸出、2019年は5万トン・6000万米ドル

日本、韓国、中国大陸、香港、マレーシア、マカオ、ブルネイ、アラブ首長国連邦、バーレーン、インドネシア、パラオ、グアム、マーシャル諸島、オランダ、ロシアなどの国・地域へ輸出

 

アメリカへ輸出した台湾産のグアバ、一部に品質不良が発生

輸送期間、温度などの関係で商品寿命が短く

今年の産地の気候も品質に影響

 

台湾の広告業界のリーディングカンパニー、格威伝媒に日本の博報堂が資本参加

格威伝媒、広告会社として台湾最初の株式店頭公開

関連のメッセージ