宝島再発見 - 2020-03-14 台湾、欧州27ヶ国とドバイの渡航警戒レベルを第三級に引き上げなど

  • 14 March, 2020
  • 王 淑卿
「中央感染状況指揮センター」が14日午後、イタリアを除いて3月17日よりヨーロッパにあるシェンゲン圏の国々とイギリス、アイルランドなどの27ヶ国、およびドバイへ(ドバイでの乗り継ぎも含む)の渡航に対する感染症危険情報を第三級の「Warning(警告、渡航中止勧告)」に引き上げると発表した。(写真:CNA)
300近くの歴史を持つ龍山寺は、環境保護のため、当初の香炉7つ、線香21本から香炉3つ、線香3本に減らしたものの、PM2.5の数値が下がらなかったため、2017年6月16日に香炉1つ、線香1本にした。写真は、香炉を閉鎖・撤去する儀式の様子。(写真:CNA)

新型コロナ新規感染者3人増え53人に、3人とも域外感染

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92313

 

台湾、欧州27ヶ国とドバイの渡航警戒レベルを第三級に引き上げ

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92314

 

台北市艋舺龍山寺、3/13より線香使用禁止

https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92311

 

飛行機のトイレのウイルスの量が最も多いと推測されています。陳時中・部長は14日、大人用紙おむつやパンツタイプの大人用紙おむつの使用を薦めています。

新型コロナウイルスの感染が世界的に広がっていることから、航空機の利用者が激減しています。多くの航空会社は欠航や減便を強いられています。台湾北部の空の玄関口、台湾桃園国際空港の統計では、6日の利用者数は、初めて1万人台を割り込んで9174人となりました。これはSARS(重症急性呼吸器症候群)が猛威を振るった2003年よりも少ないということです。航空会社も空港に入居する売店も悲鳴を上げています。

 

関連のメッセージ