ウーロンブレーク(2020-02-13)流氓阿徳「虧欠」

  • 13 February, 2020
  • 曾 輿婷
(写真:YOUTUBEスクリーンショット)

今週は、去年に台湾のレコード大賞、ゴールデンメロディアワードで4つの賞も受賞した、台湾最大の方言、台湾語の大御所歌手、流氓阿徳(アーダー・ホァン)が、最近に注目されている歌「虧欠」をお聞きいただきましょう。

「虧欠」は、誰かに借りがあるように感じ、罪悪感、または負い目を感じていることです。この歌は、実は新曲ではなく、アーダー・ホァンが2018年7月にリリースした創作アルバムに収録されています。

「後悔だの、遺憾だの、すべて後悔のまましかできない。人生はやり直しがきかない。横暴だった昔の自分を振り返ると、どれもただ馬鹿げているに過ぎない」と。この歌は、2018年に50歳を迎えたアーダー・ホァンが、これまでの人生を振り返り、自分が知らないうちに借りをしていた人々に謝る気持ちを告げている一曲です。

2019年10月、ネット映像配信サービス、ネットフィリックスが手掛けた、初めての台湾サスペンスドラマ「罪夢者(ノーウェア・マン)」の挿入歌に選ばれたことで、この歌はここ半年爆発的な人気を得て、「ドラマよりも歌に魅了した」と評価されていますよ。

 

(編集:曾輿婷/王淑卿)

 

関連のメッセージ