対外関係(2020-02-12)台湾とベトナム、投資保障協定を更新

  • 12 February, 2020
  • 早田 健文
台湾とベトナムが投資保障協定を26年ぶりに更新した。(写真:経済部/CNA)

台湾とベトナム、投資保障協定を更新

旧協定は1993年に調印されたもの

台湾企業のベトナム進出に有利

台湾からのベトナム投資、鞋、繊維、家具、鉄鋼、タイヤ、製紙、建築など各種

 

アメリカと中国大陸の貿易摩擦で、ベトナムに注目集まる

2014年のベトナムでの排華暴動の記憶新しく

 

ベトナムに滞在する台湾企業関係者は15万~20万人

台湾はベトナムへの投資で第4位、韓国・日本・シンガポールに次ぐ

2019年10月末で319億米ドル

CPTPP、RCEPの効果にも関心集まる

関連のメッセージ