文化の台湾(2019-11-13)台湾文化伝播の拠点「中央書局」(二)

  • 13 November, 2019
  • 林 蕙如
廃業を経て、今月再生した中央書局が再オープンした。これからは文化と生活を繋ぐ場として新たな活躍を見せることが期待されている。(写真提供:CNA)

先週の文化の台湾では、台湾中部の台中市が日本統治時代から、「文化城」、文化の都と呼ばれるようになった由来と、そこが台湾近代文化の発展史での役割を紹介しながら、当時の文化伝播の拠点である中央書局についてお話させていただきました。しかし、戦後、政治情勢の激変や228事件の勃発などで、台湾の文化発展が暗転し、知識人の本拠であった中央書局の運命も大きい変化を迎えました。今週の文化の台湾は、引き続き、戦後の中央書局についてお話させていただきます。

(編集:林蕙如/王淑卿)

関連のメッセージ