ミュージックステーション(2019-11-04)蕭煌奇『候鳥』

  • 04 November, 2019
  • 曾 輿婷

今週は、盲目の男性シンガーソングライター、蕭煌奇(リッキー・シャオ)の3年ぶりの標準中国語ニューアルバム『候鳥(渡り鳥)』をお楽しみいただきたいと思います。

蕭煌奇(リッキー・シャオ)は、盲目であるものの、音楽の夢を諦めずに追いかけることにしました。最初はなかなか知名度が上がりませんでしたが、2007年のある人気歌番組で、彼の歌を歌った出場者が最高得点を獲得したことで、その才能が音楽業界の人に認められました。

それからのリッキー・シャオは、台湾レコード大賞、金曲奨、ゴールデンメロディアワードに、18回ノミネートされ、7回も受賞しました。そのうち、台湾最大の方言、台湾語部門の最優秀男性シンガー賞は4回も受賞しました。この記録を超えた男性歌手は、まだいないので、リッキー・シャオは「金曲歌王(ゴールデン・メロディ・アワードの王様)」として崇められています。現在、リッキー・シャオは音楽のほかに、ドラマにも挑戦していました。彼の物語はミュージカルとなり、今年の8月に上映されましたよ。

※11月4日にご紹介した曲:
1.「候鳥」(渡り鳥)
2.「迷路在雲端」(雲の中で迷子になった)
3.「英雄小説」(ヒーローファンタジー)
4.「暫停時光」(しばらくときを止めて)
5.「晩安」(おやすみ)

 

(編集:曾輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ