ミュージックステーション(2019-08-12)「オールド・ボーイ」趙傳

  • 12 August, 2019
  • 曾 輿婷
デビューから三十年を超えて、初めて台北アリーナでコンサートを開催するシェフ・チョウは、「心境は新人と大して変わらない」と話した。(写真:CNA)

今週の土曜日に、台北の多目的体育館であり、台湾の代表的なライブ会場でもある、台北アリーナでは、歌手歴30年を超えており、台湾音楽界の実力派ロック歌手、趙傳(シェフ・チョウ)のコンサートが行われます。

デビューから30年も経っているものの、今年57歳のシェフ・チョウが台北アリーナでコンサートを行うのは、今回が初めてです。年は取っているけれど、魂は若いままだと、「オールド・ボーイ」をテーマにし、シェフ・チョウは今回のコンサートで、今までの名曲と近年リリースした新曲を両方とも披露し、古参ファンにも、新規ファンにも、喜んでもらえるよう着々と準備を進めているということです。

今週はコンサートに先駆けて、シェフ・チョウの歌をお楽しみいただきましょう。

 

※8月12日にご紹介した曲:

1.「我很醜,可是我很溫柔」(僕はブ男だが、やさしい)
2.「我終於失去了你」(つい、あなたを失った)
3.「我是一隻小小鳥」(私は一羽の小さな小さな鳥)
4.「逆風飛行」(逆風に向かって飛ぼう)
5.「因為愛」(愛がために)

 

(編集:曾輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ