数字の台湾(2019-08-12)台湾男性の口腔がん罹患率は世界第1位、ビンロウを噛む習慣でリスク11倍に

  • 12 August, 2019
  • 早田 健文
ビンロウ(檳榔)の実。台湾ではこれを噛む習慣のある人が少なくない。嗜好性があるが、口腔がんのリスクが高まる。(写真:Formosa Wandering @ Flickr)

「第1位」

台湾男性の口腔がん罹患率は世界第1位、ビンロウを噛む習慣でリスク11倍に

 

「11年」

台湾のコンタクトレンズ生産高が増加続ける、輸出は11年連続で2ケタ成長