ナルワンアワー(2019-08-05) 交通部観光局とJR四国、観光連携の覚書を締結

  • 05 August, 2019
  • 林 蕙如
交通部観光局の周永暉・局長(右から2人目)と日本のJR四国の半井真司社長(左から2人目)が愛媛県で鉄道観光の連携に関する覚書を取り交わした。(写真提供:交通部)

7月18日に台湾の桃園空港と日本の松山空港を結ぶ定期便が就航しました。乗り継ぎなしで片道およそ2時間半しかからないこの定期便の就航によって、台湾と四国がもっと近くなりました。

今回の定期便就航を機に、台湾とJR四国との観光連携も決まりました。先日、台湾の交通部の黄玉霖・政務次官と愛媛県の中村時広知事の立ち会いの下、交通部観光局の周永暉・局長と日本のJR四国の半井真司社長が、鉄道観光の連携に関する覚書を取り交わしました。台湾と日本の間の観光交流と観光客誘致をさらに促進できることが期待されています。
(編集:林蕙如/王淑卿)

 

関連のメッセージ