対外関係(2019-06-26)「台湾-米国事務委員会」が除幕、台湾の対米窓口機関が名称変更

  • 26 June, 2019
  • 早田 健文
台湾の対米窓口機関が「台湾-米国事務委員会」に改称。蔡英文・総統(左)とアメリカの対台湾窓口機関「米国在台協会」台北事務所のクリステンセン所長(右)が除幕式に出席。(写真:CNA)

「台湾-米国事務委員会」が除幕、台湾の対米窓口機関が名称変更

従来は「北米事務協調委員会」、改称で「台湾」の名称が入る

蔡英文・総統、「台湾とアメリカの関係における新しいメルクマール」

 

李大維・国家安全会議秘書長、アメリカのボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官と面会

台湾とアメリカの断交以来40年、国家安全担当トップの面会は初めて

アメリカのM1A2戦車、台湾への売却を準備

蔡英文・総統、「台湾とアメリカの関係は、近年で最良の状態」

 

アメリカのロス商務長官、「台湾のバイオ企業がアイオワ州に投資」

「Select USA」サミットに台湾100人が参加、鄧振中・行政院政務委員(無任所大臣に相当)が団長