数字の台湾(2019-04-08)「1万8000店」台湾のドリンクスタンドは1万8000店、急速に増加

  • 08 April, 2019
  • 早田 健文
ロボット飲料店が高雄市にオープン。店内には1台のロボットだけ。注文から飲み物作りまでを1台でこなす。無人店舗の概念を応用したものだ。飲料店の急増で、競争も激しい。あの手この手で新鮮さを提供してお客さんをつかまないといけない。さて、売り上げはどうだろう。(写真:CNA)

「1万8000店」

台湾のドリンクスタンドは1万8000店、急速に増加

この5年で2.3倍に増加し全飲料店数の84%に、売上高は75%

小資金で開店可能、起業のハードルが低い

 

台湾の飲料店(アイススイーツ店、ドリンクスタンド、コーヒー店)、10年で2.8倍に増加

2018年は売上高697億台湾元、店舗数は2万2000店