数字の台湾(2019-02-11)「4.1年」台湾での起業、事業の平均寿命は4.1年

  • 11 February, 2019
  • 早田 健文
コーヒーショップを開くのは人気の起業項目。ただし、競争が激しくて平均寿命は短い。(写真:CNA)

「4.1年」

台湾での起業、事業の平均寿命は4.1年

初めての起業は26.4歳、起業経験は平均1.05回、男女比は6:4

 

多い業種はドリンクスタンド・コーヒーショップなどの飲食19.3%、レストラン・食堂などの飲食15.5%、ブティックなど小売13.9%

参入者が多く、競争が激しいため、平均寿命は3.4~3.7年

 

寿命が長いのは材料・工事・工業・印刷など専門技術が必要な業種、寿命は平均36年以上