対外関係(2018/10/31)アメリカの軍艦2隻が台湾海峡通過、その目的と影響は

  • 31 October, 2018
  • 早田 健文
台湾海峡を通過した2隻の軍艦のうち駆逐艦DDG 54

アメリカの軍艦2隻が台湾海峡通過、その目的と影響は

台湾の国防部、「10月22日にアメリカの軍艦2隻が鵝鑾鼻海域から北に向けて航行」

アメリカ国防総省、「台湾海峡の国際水域通過は恒例の通過」

頼清徳・行政院長、「最近にとどまらず、毎年のこと。2015年には10回も通過」

「アジア太平洋に対するアメリカの努力を肯定」

アメリカの中国大陸に対するアピールか、台湾海峡の安全を守る意思

アメリカの軍艦の台湾海峡通過、台湾・香港・上海で株価急落

 

第8回台日漁業委員会の専門家会議が開催、今回も八重山海域での操業で合意なし

200海里経済水域の重複、日本側は台湾漁船の操業認めず

台湾側は交渉を要求、マグロをはじめ回遊魚の宝庫

行政院農業委員会漁業署、「今回は民間交流。会議本番で交渉」

漁のシーズンを前に、台湾漁民の不満高まる