台湾経済最前線(2018/10/04)経済部まとめ、台湾に帰りたい台湾企業は約20社

  • 04 October, 2018
  • 早田 健文
台郡科技進駐高雄和發產業園區(2)

アメリカがさらに中国大陸に対して関税引き上げ、台湾の5業種に影響予測

アメリカ・中国大陸の貿易摩擦、一部の発注が台湾に変更も

 

8月の輸出受注は7%増加、予測上回る好調

2017年の輸出受注の海外生産比率は53.2%、うち中国大陸は全体の47.9%

 

経済部、「台湾に帰りたい台湾企業は約20社」

台湾に帰っても工場用地はどこに、行政院が対策検討

土地が高い、経済部は中南部での工場開設を推薦

労働力はどうする、労働部「外国人労働者枠の大幅拡大はしない」

 

中国大陸の台湾系企業が台湾に戻って来る、すでに工業用地の地価が上昇

 

台湾企業が里帰り、プリント基板メーカーの台郡科技(Flexium Interconnect)が台湾に移動通信5Gセンターを開設へ

 

使用曲八十八顆芭樂籽(88 balaz)「飄啊飄的」