ウーロンブレーク(2018/09/13)郭婷筠「向望」

  • 13 September, 2018
  • 曾輿婷
郭婷筠創新年輕化 拓台語歌市場

 

今週は台湾の女性シンガー・郭婷筠(アラ・クオー)の台湾語の新曲「向望」(希望)をご紹介いたします。

郭婷筠(アラ・クオー)は、2010年にデビューした当初からパワフルな歌声とロックを歌うことから、「黒色旋風」(黒いつむじ風)と呼ばれるようになりました。さらに「ファンのほとんどが年配者」という台湾語歌謡界の現状を破り、大勢の若者のファンを引き寄せました。

 

今日ご紹介する曲・「向望」(希望)は、女性が結婚したら、妻と母親の役を演じることになり、常に自分のことを最後にしている。家族に身を捧げることは、彼女のすべてとなる。この歌は、そんな伝統社会の女性の無力感と大変さを歌っています。