台湾博物館(2018/09/09)「台湾通信」統一地方選挙、22の県・市長ポストに93人が立候補

  • 09 September, 2018
  • 早田 健文
議員會勘大巨蛋遭拒 柯文哲:已規劃參訪規定

北海道で地震、蔡英文・総統が慰問を伝える

外交部に対して、日本在住・旅行中の台湾人の安全確認と協力を指示

 

日本で相次ぐ災害、関西の台風・北海道の地震で生産が一部ストップ

半導体素材の供給で、台湾メーカーに一部の発注移行

 

統一地方選挙、合わせて9項目の選挙に2万933人が立候補、1万7047ポストを目指す

22の県・市長ポストに93人が立候補

与党・民進党と最大野党・国民党の一騎打ち、22県・市のうち3県・市だけ

与野党いずれも離党して立候補する候補が相次ぐ、多くの県・市で党内分裂選挙に

 

「支持政党なし」が増加、民進党と国民党のいずれにも失望

民進党支持25.2%、国民党支持20.7%、合わせても45.9%

最多は「支持政党なし」の49.6%

「新政党の出現が必要」57%

 

2020年の総統選挙、無所属の柯文哲・台北市長が台風の目に

次期総統の支持率が最高

台北市長選挙で与党・民進党との選挙協力解消、完全無所属に

「支持政党なし」の増加と関連

 

柯文哲・台北市長と民進党がバトル、台北市の青果卸売市場を運営する台北農産運銷公司をめぐって

台北農産運銷公司、中央政府機関の行政院農業委員会が呉音寧氏を総経理に派遣

呉音寧氏が台北市議会出席を拒否、柯文哲・市長のコントロール受けず

台北農産運銷公司の大株主は、台北市と行政院農業委員会と農会系統

呉音寧氏は社会運動出身、農産物流通は経験なし