対外関係(2018/08/22)蔡英文・総統が外遊、国交国パラグアイ・ベリーズ訪問と行き帰りにアメリカ立ち寄り

  • 22 August, 2018
  • 早田 健文
總統蔡英文過境洛杉磯時造訪臺灣連鎖咖啡店85度C

台北MRT車内に日本語駅名アナウンス、日本からの旅行者155万人にサービス

車内アナウンスは中国語、英語、台湾語(閩南語)、客家語に続いて日本語が5番目

券売機は中国語、英語、日本語、韓国語、マレーシア語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の11言語

 

蔡英文・総統が外遊、「世界に台湾を見てもらう」

国交国パラグアイ、ベリーズ訪問、行き帰りにアメリカ(ロサンゼルス、ヒューストン)立ち寄り

 

蔡・総統、ロサンゼルスでレーガン図書館を訪問し公開演説

「自由と未来は妥協できない」、レーガン元大統領の言葉を引用

統一派と独立派が出迎え

中国大陸、「同種のアレンジに強く反対」

 

蔡英総統がパラグアイ訪問、「投資」「インフラ」「貿易」を軸に関係発展を

パラグアイ新大統の領就任式に出席

蔡英総統がベリーズ訪問、「教育」「インフラ」を軸に関係発展を

 

蔡・総統、ヒューストンでアメリカ航空宇宙局( NASA )のジョンソン宇宙センターを訪問

 

蔡総統がアメリカで台湾系コーヒーチェーンの「85度C」に立ち寄り

中国大陸のネットユーザー、「85度C」は台独企業だと批判

「85度C」は中国大陸でも大規模チェーン展開、火消しに努める

台湾と中国大陸に挟まれて、台湾系企業が苦しい立場