ウーロンブレーク(2018/08/21)卓義峰「大太陽」

  • 21 August, 2018
  • 曾輿婷
卓義峰大太陽

今週は男性歌手・卓義峰(たく・ぎほう、アパー)の新曲「大太陽」をご紹介いたします。

卓義峰は、音楽に情熱を持っていますが、家庭環境に恵まれていないため、夢をあきらめてバイトに励みました。しかしある日、ラジオが高校の友達の歌を放送していたのを聴き、彼は再び夢を追うことにしました。

テレビの歌コンテストでは、10位以内にはランクインできなかったものの、彼の特別な歌声とパワフルな高音がファンの間で評判を呼びました。2008年にレコード会社と契約を結び、歌手デビューを果たしました。

 

「大太陽」は、「雨であろうと風であろうと、どんどん降ってもかまわない。叩かれれば叩かれるほど強くなる。どんなに長い夜ても、私の心に常に大きな太陽がある」と、とてもポジティブな歌です。卓義峰がデビューして10年以来の心境を語っています。批判されたことはしばしばありますが、彼は夢に向かって進む決心を示しています。

また、この歌を自分と同じように黙々と頑張っている人に捧げたいと話しています。「たとえどんなに目立たなくても、コツコツと頑張れば、輝いている人になる。その輝きが、心の太陽になる」ということです。