台湾博物館(2018/07/22)「台湾通信」 行政院の新しいスポークスマン、Kolas Yotaka氏の「Yotaka」は父親

  • 22 July, 2018
  • 早田 健文
Kolas秀名片 解釋名字發音

行政院の新しいスポークスマン、Kolas Yotaka氏の「Yotaka」は父親の日本名「豊」から

日本統治時代の父親の日本名はyoshinari yotaka(集成豊)

先住民族アミ族は、名前に父親か母親の名前を付ける風習

Kolas Yotaka氏:「光復」(台湾の中華民国への復帰)は先住民にとって苦痛の始まり

漢人が台湾にやって来て、漢字が分からない先住民に勝手に名前を付けた

 

Kolas Yotaka氏、飲酒運転で懲役2年判決の記録

一生、飲酒運転撲滅のボランティア務める

政治家の飲酒運転、跡を絶たず

郭正亮・立法委員、林峯正・不当党資産処理委員会主任委員などなど

江春男・シンガポール駐在代表は就任するも着任できずに辞任

 

国立故宮博物院の陳其南・新院長(閣僚)、「故宮の台湾化」を表明

北京の飛地でなく、「台湾人の故宮」に

台湾独立を主張しても、故宮文物の保存はきちんとやるべき

陳水扁政権時代の故宮の「アジア博物館化」とどう違う

嘉義県にある故宮南院は入場者減少続く、入場無料で参観者集めを