台湾経済最前線(2018/05/24)台湾で中国大陸の書籍を出版するなら審査必要、文化部の通達に出版業界から批判

  • 24 May, 2018
  • 早田 健文
第17屆大陸書展(2)

台湾で中国大陸の書籍を出版するなら審査必要、文化部が通達

出版業界から強い批判

「大陸許可弁法」で審査を要求

 

過去の言論統制と対中国大陸関係が背景となった制度

 

言論統制時代根拠となった「出版法」は1999年に廃止

「両岸人民関係条例」基づいて「大陸許可弁法」が1993年に制定され、中国大陸の書籍の出版に審査義務付け

 

過去に「大陸許可弁法」に基づいて審査を通達するも、執行されず

文化部は、関連に従って出した通達で、審査実施の意図はないと説明

文化部の通達の真意は不明、対中国大陸情勢と関係か

 

出版業界はで「大陸許可弁法」の廃止を呼びかけ

法曹界は憲法違反の可能性を指摘

中華民国憲法第11条には、「人民には言論、講義、著作および出版の自由がある」と規定

 

使用曲 五月天「倔強」