対外関係(2018/04/11)台湾の貿易交渉、日米とは食品規制の輸入解禁が鍵

  • 11 April, 2018
  • 早田 健文
因應經貿新形勢 學者:台產業升級、分散風險、參與CPTPP(圖:中央社)

台湾の貿易交渉、日米とは食品規制の輸入解禁が鍵

 

アメリカが再び牛・豚肉の輸入規制緩和を迫る

ラクトパミン含有の牛・豚肉の輸入規制を貿易障壁と指摘

牛・豚肉の輸入規制が解禁されなければ、FTA(自由貿易協定)は交渉できない

 

台湾がCPTPP(包括的かつ先進的TPP協定)への加盟目指す

蔡英文総統が加盟国との接触強化を指示

 

台湾のCPTPP加盟、日本の支持を希望

日本の支持獲得には、原発事故による食品輸入規制の解除が鍵

 

経済部国際貿易局:日本食品の輸入規制緩和は単純な貿易問題ではない

行政院:国民の健康を優先考慮

行政院農業委員会主任委員:世界が受け入れれば台湾も拒否できない

 

フィリピンで逮捕の台湾籍詐欺犯、中国大陸に「送還」

外交部の抗議も効果なし

台湾籍の詐欺犯は中国大陸への「送還」恐れる、重い刑で